ECサイト構築運営情報 成功する秘訣を学ぼう!

数あるECサイトの中でも、運営が上手くいっているショップとそうでないショップがあります。商品の選定の問題よりも、原因は違う所にある可能性があります。成功する秘訣を学び、利益のあがるネットショップ運営をしましょう。

再度の購入を促すECサイト

誰でも、お気に入りのお店や行きつけの喫茶店など、好きなお店があるとおもいます。

ECサイトも同じで、同じ商品を売っていても好きなネットショップができるのです。

できれば、自分のネットショップを気に入ってもらい、一度だけではなく、リピーターになってもらいたいものです。

また、人によってはネットサーフィンをして商品を探すのが面倒という人も多いのです。
ですから、お気に入りのECサイトを見つけたら同じショップで購入するといったことも多々あります。

しっかりと顧客になってもらうには、メルマガを定期的に送り、お客様に忘れていただかないように、良い商品が入荷した情報や、お得なセール情報などをお知らせして購入してもらいましょう。

2度3度と購入してもらい、ネットショップの顧客をつかむことはとても大きな意味を持つのです。

ECサイト構築におけるデザインの重要性

ECサイト構築では、優れたユーザーエクスペリエンスを提供することがデザインの主要な目的の一つになります。ユーザーの行動を的確に予測し、ユーザーが戸惑うことなくサイトを利用できることが、コンバージョン率の向上に欠かせません。

ECサイト構築のためのホームページ制作では、たとえば商品やサービスを的確に検索できて、それが適切に表示されるようにすることで、ユーザーの利用が中断されることの無いように配慮する必要があります。このようなデザイン指針はPC向けの画面ではもちろんですが、特にスマートフォンやタブレットでの使用時に有効に発揮される必要があります。

ECサイト構築後の現状分析や効果検証などを知るべき理由

一般的な実店舗においても、商品が思うように売れない場合、商品そのものの品質や、価格とのバランス、陳列方法による見せ方、宣伝方法など、見直しを迫られる事があります。ECサイト構築分野におけるホームページ制作も同様で、現状分析をすることで、売れる商品、売れ残る商品に一定の法則がある事に気付きます。

品質が悪い製品、コストパフォーマンスの悪い製品が売れ残るのはもちろんですが、実店舗の例では、入り口から入ってすぐに目に付く場所にあるセール品はよく売れ、店内の隅の方の暗がりに陳列したような地味な不人気商品は、やはり売れ残ります。ECサイト構築の場合では、サイトに可能な限りの修正を積極的に実施する事で、これまで売れ残っていた商品が、一気に人気商材へと変貌する可能性を秘めています。

顧客から見ていちばんストレートにインパクトがあるのは、やはり価格が安くなることですが、実際には赤字覚悟で損切りをするケースでもない限り、なかなか難しいものがあります。そんな中でも、サイトをリニューアルし、ページのいちばん上に表示させるなど、商品の見せ方によって、より良い製品であると感じさせ、収益を伸ばすという手法は、よりリーズナブルに、短時間で行える手法です。実店舗で商品の陳列や、内装を改装するのは大変な手間とコストがかかりますが、パソコン1台あれば、容易に実行できるのも、オンラインのECサイトならではのメリットです。

ECサイト構築方式「オープンソース」の特徴

オープンソースを活用してホームページ制作をしている人はどれくらいいるでしょうか。そのメリットは言うまでもなく費用を抑えられることです。

無料で利用できる機能を使っていろいろなECサイト構築ができます。ただ、そのためにはその仕組みを理解することが必要です。業者に依頼するのではなく自分ですべてを作り上げることが基本だからです。

もちろん、費用に余裕があるなら無理にオープンソースを利用する必要はありません。ただ、これまでもECサイト構築の経験があるなら、そのレベルアップを考えて活用することは悪くありません。利用者の視点だけではなく構築する側の視点を持つことができるのです。これはこれからのビジネス展開を図っていく上で大きなメリットとなるでしょう。自分が習得した技術を他社に提供することも期待できます。

ホームページ制作は見た目だけが重要ではなく、その内部の仕組みの方が重要なポイントです。また、その仕組みを理解することができれば、自分だけのオリジナルサイトを構築することも容易になりますから、大きな費用対効果が見込めます。自分の技術で新しい仕事を始める人もいるでしょう。単に無料のソフトウェアとして見るのではなく、そこにビジネスチャンスがあることに気づきましょう。

お店の売り上げアップを狙うECサイト構築の関連記事