ECサイト構築運営情報 成功する秘訣を学ぼう!

数あるECサイトの中でも、運営が上手くいっているショップとそうでないショップがあります。商品の選定の問題よりも、原因は違う所にある可能性があります。成功する秘訣を学び、利益のあがるネットショップ運営をしましょう。

SEO

SEO
ホームページができた後も更新やSEOの管理を続けていくのが一般的です。

ホームページの作成さえできれば、その後は何もしなくてもいいという事はありません。定期的に最新の情報を公開したり、SEOで検索エンジンにおいて上位を目指す必要があります。

その対策として最適化を続ける必要があります。

ホームページの更新作業は面倒な点もありますが、この作業を続けていく事で、ユーザーに常に最新の情報を提供する事ができます。そうなれば、ユーザーは新しい情報を求めて何度もホームページに訪問してくれる事でしょう。

seoはアルゴリズムの記述で決まる

グーグルはseoを人工知能によって自動で行っています。そしてその人工知能を構成するアルゴリズムは人間によって記述されます。このアルゴリズムは日々進化しており、数年前といまとでは上位表示されているサイトがまっとく違うような状況になっています。

インターネット業界は進歩が早いと言いますが、このグーグルのアルゴリズムの進歩がもっとも早いと言えるでしょう。そして、そのアルゴリズムを完全な形で追いかけ続ける対策は無駄なので辞めておいた方が良いです。グーグルのユーザー満足度の最大化という理念に従ったサイトを作っていくことが今後生き残る方法でしょう。ただ、ある程度はアルゴリズムを追っかける必要はあるでしょう。

検索上位を狙う!seo対策の具体的な手法

Google検索の上位を狙うseo対策で有効な方法として、まずユーザー目線に立つということが挙げられます。ご自分が調べたいものがあるとして、検索する際どういったワードを検索窓に入力するか、を逐一チェックしてください。あなたが欲しがる情報は大抵他のユーザーも欲しがっています。慣れてくると、この分析がすぐできるようになるので、noteなど活用してメモしておきましょう。

他にもseo対策として、細かなテクニックにdescriptionを32文字以内に検索でヒットして欲しいワードを入れておくという手もあります。Googleなどの検索結果の画面で表示されるのはその文字数なので、そこでいかに魅力的な文章・記事内容を端的に表す文章を書けるか、がかかっています。

seo対策をAIの能力を考えて行う時代

最近ではseo対策もどんどんと進化していて、今ではseo対策をするのにAIの能力を考えて行うようにもなってきています。AIはどんどんと経験を積んで進化をするようになっているので、これに追いつく必要性があるのです。

これからは人工知能が検索システムを作っていくとも考えられていて、これによってより、進化したシステム作りがなされるということが考えられます。seo対策はこれによって今までとは大きく変わっていくことが求められるようになってくるといえるでしょう。常にその動向に注意を払う必要性が出てきているといえそうです。

seo対策の精度を上げる上で考慮する事

最近の検索システムではAIといわれる人工知能が使われるようになってきているといわれているので、このことを考えてseo対策をする必要が出てきています。人工知能はいろいろな経験をして、どんどんと検索システムの精度を上げているので、これを考慮したseo対策ということが必要となるというわけです。

今までは被リンク数であったりというような目に見えやすいものが対象となっていたわけですが、これからは、AIの経験というものを考える必要性が出てきたということでより精度の高い対策が必要となってきたということがいえるでしょう。

seo対策の費用対効果について

seoとはウェブにおける検索システムのことであり、とあるキーワードを検索したときに、そのキーワードに適した内容を検索結果として表示する機能を持っています。このseoに関して対策を施している会社は、現在、東京や大阪を始めとして日本の各地に存在しています。

この対策にはいくつかの方法があり、それらのなかでも有名なのは成功報酬型と月額支払型の二種類です。この二種類を比較したとき、月額支払型のほうが費用対効果としては高いです。月々の料金に応じて、数位から数十位ほど検索結果の順位を向上してくれます。ホームページの内容次第では、一気にトップページ付近まで上昇することもあります。

パンダアップデートから学ぶseo対策

パンダアップデートとは、googleなどの検索エンジンにおいて上位表示されるためのseo対策に用いられます。サイトの評価基準の一つとされていて、品質の良し悪しを判断し、良いものは上位へ、悪いものは下位へ、と表示の順位を決めています。その判断方法には、サイト内のオリジナル性やバナーの設定位置、コンテンツの充実やリンク数などといったさまざまなものが設けられています。

定期的にパンダアップデートを更新することにより、ウェブサイトに関連する企業や団体などにとっても、マーケティングの他、大きな利益収入の差が生じるケースも見受けられます。

パンダアップデートでのseo対策について

ホームページを持つ企業などにとってインターネットの普及は、収入利益に差が生じたり、広告マーケティングにも影響が及ぶなど、関連性が強いものです。近年ではパンダアップデートが導入され、高品質で有益な情報を載せているサイトの順位を上げ、反対に低品質なサイトを表示されにくくするなどの対処をしています。

ウェブサイト内の内容にオリジナリティがあるかどうか、またコンテンツの充実度やバナーの設置量など、様々な判断基準が設けられており、上位表示されるためのseo対策として、googleなどの検索エンジンなどに用いられます。

seoではパンダアップデートが大きな影響に

業界でしか知られていないことですが、seo対策をする時にアップデートが行われて、この情報を元にして色々な変更が加えられることになります。パンダアップデートは2011年頃に行われたものです。高品質な記事を上位にして、悪いサイトを下げるためにおこなわれていたものです。

このことで記事の情報をしっかりと確認され、品質がいいと判断されているサイトは上位に掲載されることとなりました。逆に品質が悪く、他のサイトと似ている記事が書かれているなどの場合、検索順位を下げるようになりました。これによって対策はかなり変わっていくこととなります。

どのようなサイトがseo,パンダアップデートの影響を受けるか

自分がサイトを運営している人にとって気になるのがどういったサイトが対象に入ってしまうのかという点かと思います。検索の上位に出るようになればアクセスもアップして、いいことづくしですので、できれば上位にくるようになった方がいいですよね。

seoでのパンダアップデートはまずは専門性や独自性が低すぎるものは引っかかりやすいです。特に何かを専門的に取り扱っていると銘打ってあるようなサイトやブログの場合にはそれ相応の内容を求められます。また気をつけなければならないのが他のサイトと丸々かぶってしまっているような場合です。文章の言い回しなどに気をつけましょう。

SEOに関するコラム